どんな店舗が必要?機能重視で設計するメリットとは

店舗経営をするときに考えたい機能性

スーパーなどの商品販売を行う店舗を構えて経営するときには、店舗デザインがもたらす機能性についてよく考えることが大切です。世の中によくあるようなコンビニやスーパーなどのレイアウトを考えて、そのまま適用してしまうのは決して悪いことではありません。大抵の店舗は一定の合理的な考え方から店舗デザインを行っているので、ある程度の機能性を期待することができるからです。しかし、店舗としてどのようなターゲットを顧客にし、どのような商品を扱っていくかによって最適なデザインは異なります。自分が経営したい店舗の様子をよく考えてデザインを整えるようにするのが肝心です。

例から考えてデザインする必要性

機能性についてよく考える上では例を考えて比較してからデザインするのが合理的です。コンビニは通路を比較的狭くし、顧客の移動範囲を最小限にしてあるのが特徴です。レジから外にも効率良く出られるように設計することで短時間で欲しいものを買えるようにしています。一方、スーパーの場合にはよく売れるものを入口付近から店舗の四隅を回るようにして外側に配置しているのが基本です。できるだけ顧客に長い距離を歩いてもらって、その間に気づいた欲しいものを買ってもらえるように設計しています。動線をどの程度の長さにするかという考え方は店舗デザインをする上で重要なものです。ターゲットが一度に大量に買うようにするか、一回には少しだけ買うけれど頻繁に利用してもらえるようにするかで最適なデザインが異なります。

店舗デザインを構築していく上で注意しなければならないものは、お客の導線です。レジまでの歩き方や、陳列棚の位置など、お客の目線で考えてみるのも重要です。