新築の賃貸?本当に魅力がある物件なのかはあなた次第

新築物件を賃貸する魅力とは

賃貸物件の中には新築と銘打っているものがたまに見かけられます。ほとんどのものは中古物件になっているものの、稀に新築をして賃貸経営をしようと決めて借り手を探していることがあるのです。これをうまく見つけられると快適に住むことができると期待しても差し支えありません。最新の技術を持って建てられたマンションや一戸建てであることが多く、設備も充実していて否定するようなところがあまりありません。唯一問題になるのが家賃の高さであり、周辺の同じ間取りで設備も悪くない中古物件に比べると割高になっています。その分だけ快適に住めると考えるとお得な物件でしょう。誰もまだ住んでいない物件なので将来的に自分が新築住宅を手に入れたいというときに入居したらどういう印象かを確認するのにも役立ちます。

本当に魅力的かはよく考えよう

新築物件はそれだけでプレミアものなので価値が高くなっています。それが家賃に反映されていますが、住み始めてしまったらそれは中古物件です。新築だというだけで少し家賃が上乗せされているということは忘れてはならないでしょう。その分だけ本当に価値があるのかはよく考える必要があります。他に安くて優れた中古物件があるならそれを選ぶのも得策です。一般的には同じ家賃であれば中古物件の方が設備が充実していたり立地が良かったりするメリットがあります。逆に同じレベルの設備などが整っているなら中古物件の方が家賃が安いのです。新築であるかどうかにこだわりがあるかどうかと、類似物件が流通しているかどうかが判断の分かれ目になります。

JR神戸線元町駅から徒歩10分圏内の元町の賃貸新築ワンルームの相場は、1Kタイプは6万円台から、一方セキュリティーも完備した最新設備の1LDKタイプは11万円台からと大きく分かれています。