マンションを買おう! 物件はどう選んだらいい?

まずは予算の把握が大切です

マンションの購入を決めたら、「どんな間取りがいいかな」と考えるかもしれませんね。間取りは大切な要素ですが、その前にどれくらいのお金を出せそうなのか考えてみましょう。マンションは大きな買い物ですし、ローンを組む可能性が高いのできちんと計画する必要があるのです。いきなり予算の総額を考えてもかまいませんが、まずは頭金と月々にどれくらい返済できそうかを考えてください。なるべく高額な頭金を用意できれば、返済額を抑えることができます。なお、購入後も管理費が毎月かかるのが通例ですし、引っ越しの料金も必要なのでこれらの点をふまえて予算を組んでください。

物件の情報を集めよう

だいたいの予算が把握できたら、いよいよ物件の情報を集めましょう。住みたい街がはっきりと決まっているなら情報は探しやすいといえます。イメージが漠然としている場合は、職場や実家を起点にして「電車で1時間以内」などの条件で居住エリアの候補を探してください。予算にあまり余裕がないときや、物件数が少ないエリアだと条件に合う物件を見つけにくいかもしれません。そのようなときは少しずつ遠いエリアを検討しましょう。

候補となる物件は必ず見学しよう

候補となる物件がいくつか見つかったら、間取りの図面だけで判断せずに必ず部屋を見学してください。新築(完成前)の物件でも、モデルルームが用意されている場合があります。物件の設計によっては、室内に柱や梁が出ていて空間が少し狭く感じられる場合があります。また、天井の高さを確認できるのもポイントです。

地下鉄の駅から近い場所にあるのが、人気のある福岡市の新築マンションの特色です。敷地内駐車場も完備している物件を選ぶのが、暮らしの快適性を高めるコツです。