商品レイアウトを考えよう!店舗デザインを変える二つのポイント

商品レイアウトの位置関係を変えて売れるようにする

店舗デザインを一新してより多くの商品を買ってもらえるようにするのは店舗販売を行っているときには合理的な考え方です。どのようにして店舗を設計するかによって売れにくかった商品が突然売れるようになることもあります。あまりお客が来なかった状況から突然お客が増え始めることも珍しくありません。このような目的で店舗デザインを変更するときに重要なポイントの一つが商品レイアウトの一新です。関連する商品を互いに近くにあるようにして、効率的に買い物をできるようにしつつ、あれも欲しかったと気づかせられるようにすると効果的と言えます。お客にとっては買い物がしやすくなり、経営側としてはついでに少し多めの買い物をしてもらえると期待できるからです。

動線を固定することで購入率を高める

店舗デザインを変更する際のもう一つのポイントは動線に着目することです。一般的に店舗販売を行っているときにはお客の滞在時間が長くなるほど買ってくれる商品の合計金額が高くなる傾向があります。そのため、動線を固定して一定時間以上は店舗内にとどまらなければならなくするのは効果的です。小さな店舗であれば入り口からレジまでを一本道にしてしまうのも良い方法ですが、大きな店舗ではいくつかの動線を作っておくことが必要になります。一つや二つしか買わないのに全部回らなければならないのは店舗が大きいとストレスになってしまうからです。適度に動線を長くするという考え方で店舗デザインをするのが購入率を高めます。

内装デザインとは建物内部の彩りなど、構想したデザインのことを言います。病院ではストレスを和らげる効果のある暖色系やデザインが重要視されています。