予算を考えて選ぼう!賃貸選びで失敗しないための基本とは?

家賃は最も重要なポイント

賃貸を選ぶ上で最も重要なのが生活に窮してしまわないように予算を考えることです。毎月払わなければならない家賃が月収に比べて高くなってしまっていると、快適な住まいが手に入ったとしても苦しい生活になってしまう可能性があります。月収の三割程度が家賃の目安とよく言われますが、むしろ重要なのが毎月どれだけのお金が手元にあれば良いかをまず考えて、それに合わせて家賃を考えることです。月収が低い人は三割も減ってしまうと生活が苦しくなってしまいます。逆に高収入の人なら半分を家賃にしても問題ないと考えることも可能です。ケースバイケースなので、自分がどの程度のお金があれば生活しやすいかをまず考えて予算を決めるのが重要となります。

家賃以外にかかる費用も考慮しよう

賃貸生活をするときにかかる費用は家賃だけではありません。毎月かかる費用として何が請求されるかは確認しておく必要があります。共益費や管理費がかかる場合が多く、数千円程度の支出が余計にかかることは加味する必要があります。また、物件によってはインターネット回線や水道利用料が定額で請求されるようになっている場合もあるので、光熱費とは別に考えて予算を考えておかなければなりません。これ以外にも特殊な費用がかかるケースがあるので、物件を選ぶときには月額費用を網羅的に吟味して納得した上で選ぶのが肝心です。後から余計な費用がかかってしまったと後悔しないように不動産会社に概算を要求するのも対策として考えておきましょう。

永山の賃貸は、システムキッチンや追い炊き機能付きバス、ウォシュレットなど、水回りの設備が充実している物件も多く、優れた利便性を確保できます。