どんな店舗が必要?機能重視で設計するメリットとは

店舗経営をするときに考えたい機能性

スーパーなどの商品販売を行う店舗を構えて経営するときには、店舗デザインがもたらす機能性についてよく考えることが大切です。世の中によくあるようなコンビニやスーパーなどのレイアウトを考えて、そのまま適用してしまうのは決して悪いことではありません。大抵の店舗は一定の合理的な考え方から店舗デザインを行っているので、ある程度の機能性を期待することができるからです。しかし、店舗としてどのようなターゲットを顧客にし、どのような商品を扱っていくかによって最適なデザインは異なります。自分が経営したい店舗の様子をよく考えてデザインを整えるようにするのが肝心です。

例から考えてデザインする必要性

機能性についてよく考える上では例を考えて比較してからデザインするのが合理的です。コンビニは通路を比較的狭くし、顧客の移動範囲を最小限にしてあるのが特徴です。レジから外にも効率良く出られるように設計することで短時間で欲しいものを買えるようにしています。一方、スーパーの場合にはよく売れるものを入口付近から店舗の四隅を回るようにして外側に配置しているのが基本です。できるだけ顧客に長い距離を歩いてもらって、その間に気づいた欲しいものを買ってもらえるように設計しています。動線をどの程度の長さにするかという考え方は店舗デザインをする上で重要なものです。ターゲットが一度に大量に買うようにするか、一回には少しだけ買うけれど頻繁に利用してもらえるようにするかで最適なデザインが異なります。

店舗デザインを構築していく上で注意しなければならないものは、お客の導線です。レジまでの歩き方や、陳列棚の位置など、お客の目線で考えてみるのも重要です。

どんな設備が魅力的?マンションを選ぶときに考えたい設備とは

キッチンへのこだわりは大切

マンションの設備を考えるときに重視しておいた方が良いのがキッチンです。使い勝手の良いキッチンを用意しておくと家族のコミュニケーションを促すことができます。独立したキッチンを用意するとキッチンで料理すること自体を楽しむことができ、子供と一緒に遊びながら料理をすることもできるようになります。一方、料理は一人でしっかりとやるという場合には対面式キッチンにするとコミュニケーションを取りながら料理をすることができるのが魅力です。また、料理は好きだけれど後片付けは苦手という場合には食器洗い乾燥機がビルトインになっていると役に立ちます。このような設備を考慮してキッチンにこだわりを持つことはより良い家庭生活を育む上で重要になるでしょう。

冷暖房についても考えよう

マンションの設備について考えるときには冷暖房についても考えることが大切です。冷房についてはエアコンを使用するのが基本ですが、設定されている場所によって冷房効率にも大きな違いが生じます。また、窓が多いと明るい家にはなるものの、冷暖房の効率が低下するので適度なバランスをとることが必要です。一方、暖房についてはエアコン以外にも魅力的な設備として床暖房があります。空気を乾燥させずに自然な形で暖められるのが特徴であり、健康的な生活を促すのに適している設備です。一方、暖房効率について考えると吹き抜けは天敵になります。魅力的な設備や構造があるときには、その影響による冷暖房の効率についても考慮するのが大切です。

柏のマンション周辺は自然に恵まれており、小学校や公園など子育て世代に嬉しい施設も揃っています。週末に駅周辺の飲食店へ出かけると昔ながらの店も多く、良い店が見つかります。